FC2ブログ

欲望の部屋

猫様と奴隷人間そして趣味の撮影

0714

我が家の家宝である黒猫&白猫をゆずってもらう架け橋になった
動物ボランティアの方からの緊急案件です。


埼玉県で、犬のブリーダー(?)ペットショップが崩壊したらしく
クソあつい埼玉県で、犬をおいて夜逃げでもしたのか、いなくなってしまったらしい。
取り残された何匹かは、この猛暑の中、締め切られたゲージの仲で
水もえさもない劣悪な環境の下、逃げることも出来ずにいたのです。
なんと痛ましい><

木曜に、知り合いのボランティアさんたちでレスキューされたそうなので
ひとまずは安心ができます。
が、今度は里親探しになります。
犬種としては人気のあるミニチュアプードルやダックス系だと思うので
多少大人の犬だけど、お金を出して買うようなバカな事はしなくて済みます。
(私はペットショップの存在が許せないので。)
小さいワンコにご興味のある方は、ぜひとも下記サイトを見に行ってください
犬以外にも多数の猫やうさぎなんかも保護しておられます。

推定3才前後 ダックス小さな女の子
http://blogs.yahoo.co.jp/pippitousagi/38643567.html

他にもプードルや、レスキュー当時の様子が載っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/pippitousagi


私は犬が苦手だし、共働きで12時間以上家あけるし
猫はいるしエアコン付いてる部屋が少ないので閉じ込めて置けない等等
あんまり役立たずですので、餌などの支援をすることにしました。
治療食?って高いね>< びっくらこいた。




さて 我が家の至宝たちですが。

2001714-ww.jpg
階段を上がると見える白い足


20010714-w.jpg
ッチ。。。。


ゆっくり顔をのぞくと
「ムニャルルルルー!」と謎の悲鳴をあげて走り去っていきます。


20010714-m.jpg
久しぶりにセッションに参加するので、カンペをつくり
見ながら練習しているとこのざまになります。
なんと愛くるしい黒い塊が・・・・!!!
新聞読んでると新聞の上に座るってなぁ聞いたことあったけど
ギターのカンペの上にも座るんですねへへえ
至極当然の流れのように一切の負い目を感じさせない悠々たる態度。

20110714-mm.jpg
最近、以前にもましてモフィオがくっついてくる。
ストーカーじゃなくて、常に足元にいる様になった・・・
私の足や体と、自分の体が接触するように座るんです。
あまりのストーカーブリに私も驚きます。





Gの話です。
イヤな方は飛ばして。





次回予告。
クソみたいなクライアント。
クソみたいな営業。
クソみたいなデザイナー。
そんなクソどもの携わる仕事は、クソである。

















夏になると我が家にもGが出る・・・外からヤツラは来る。

しかし、私は無益な殺はしないのです。
なんてかっこいい響きですけど、虫とて命。
本当のところは、死体処理が出来ないのですよ><
Gを掴むのは、平気じゃないけど出来る。
ただ、死んでるGを触るのはパス。
五体満足で生きているのが条件でしょうか。
なので、我が家にGがでたら
カップかコップかなんかでカポってチンチロみたいな感じで動きを封じ
その後、カップの隙間からハガキとか紙でフタを作り、密封してから
外に行き、我が家に二度と来るんじゃねぇぞと逆真言をかけてから野に放す。
もちろん遠い場所。
それか、掃除機ですって、その直後に紙パックを捨てる!
これは・・・最終的には焼却炉行きなので、まぁ・・・アレですが・・・
それで何年も過ごしてきたのですが。
今日、ついに自らの手で命を奪ってしまいました。
帰宅して家に入ろうとしたとき。
赤茶色の成人Gがいるじゃねぇか!!!!!!
テメこのヤロウ!!!!
しかし周りに武器や捕獲機になりそうなものがない!
うーん、とりあえず家から離れやがれ!!!ってことで
すぐ近くにあったコストコで買った「オレンジの香りがする洗剤」を握り
威嚇するようにブシュビュシュかけてみた。
ゴキジェットみたいなブシャーってずっと出るもんじゃないので複数回。
その後、Gは「うひゃー!」って感じで逃げ出したが
その数秒後、みるみると弱っていき、絶命してしまったのです・・・・

えぇぇぇ・・・
Gあんた何で死ぬん・・・(せつこ風)

予想外にオレンジ洗剤パワーはすごかったのだろうか。
Gや蚊とか、人間からみて憎悪の対象になってしまう虫たち
せめてその命を奪うなら、苦しませず一撃で、なんて思ってるけど
どう考えても苦しかっただろうなぁ。なんて(´ω`)
Gを一撃で昇天させる方法は丸めた新聞紙で叩くとかソレくらいしか思いつかないのだが
その後の処理を考えるととても出来ない。
掴んで投げ捨てたほうがいい。
まーじむり。
私は昔から死体が大の苦手なのです。
それこそ食用の肉ですら「死体」
毛皮なんかは当然「死体」であり。
そんなことを考えて日々生きております。
損なんですよね、ほんと損。

以上、G話 おわり。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。