欲望の部屋

猫様と奴隷人間そして趣味の撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0212

20130212IMG_9322.jpg
今日はちょっと腹が立ったのでブログを描きます。
動機がそんなんでもいいんです。
むかむか・・・


画像は昨年流行ったマカロンベッドの上で眠るホワイトさんです
この美しい白猫はマカロンベッドの本来の使い方をとことん無視しますが
今回はちょっと事情が違います。

ちょっと視点を変えてみましょう

20130212IMG_9323.jpg
マカロンベッドの隙間に、黒い何かが見えますでしょうか。
そうです
中にモフィオが入っております。
その上に3500gの白く気高い生命体がのしかかって寝ております。

モフィオさんはしばらく、居心地悪そうにブニブニ動いておりました。
いつもこの逆パターンを、違う場所では見かけます
でも今日はモフィオがやられてしまいました
それが面白くで旦那とずっと観察しておりました。

20130212IMG_9329.jpg
しばらくすると、モフィオの鼻先がマカロンベッドがらはみ出ました
息苦しいのでしょうか
それにしてもこのホワイトさんの顔が・・・wwww

このあと、モフィオが負けて出てしまいましたww


20130212IMG_9437.jpg
さて
机を買い替え計画が佳境にさしかかりましてですね
出来合いのものではなく、天板だけ購入して今のテーブルの足を活かそうということに
だって欲しいのがどれも10万〜30万というものばかりで
手が出ません
天板はビスレーでもオーダーできるけど、見積もりしたら37000円・・・!!!
天板だけでそげな・・・・・ハゥウウ
ってことで、突き板で捜してみて、1つのお店で見積もりをしてもらおうと思いました
ところがどっこい
ここの突き板屋がえっらい商売っけの無い所で
問い合わせに対しても,売る気が感じられない・・・
まずサイトが3つもあって、それらはリンクでたらい回しにされるように繋がっているので
何がどこにあるかわからん
このサイトでこの商品載せるけど、ウチでは売ってないからこっちのサイトで問い合わせて
そして同梱はできませんm9 とか平気でいうとる
1回目の問い合わせで、
・これに似た板を捜している
・サンプルはあるか
と問い合わせれば、
・その板は扱っていません
(そんなのわかっているから似ているのを聞いた)
・サンプル→リンク貼るだけ
という。
もちろん回答の前後のテンプレートみたいなモノもナシ
この時点でなんか売る気ねーなーと思いつつ
もう1回、見積もりと、サンプルの送料を問い合わせたら
・必要事項が足りないからここをみろ
・サンプル送料については無視される
という結果
問い合わせページにはそんな記載なかった。
無いけど、必要な情報は全て載せたのにも関わらず。
見積もりの段階で住所を番地まで言うかってんだよ・・・
記載された必要事項は支払い方法以外は描いてあるのに関わらず。
そっから察して答えればいいじゃない、って思うのは
買う側個人の我がままですかね?
システム化された大企業じゃないんだから柔軟に対応してくれよ。。
サンプルの送料いくらなんだよクソが・・・・
だいたい2万もしない製品のサンプルが1個1000円とかってのも納得いかん。
2個サンプル欲しかったけどそれに送料が入ったら商品代金の10%になってしまうやん?
サンプルなら送料だけで送ってくれよ・・・おかしいよ・・・・
木片がそんな値段するかよ・・・・・
ってことでこの店の対応はには呆れてしまったんでここは捨てることにした
他に突き板屋なんかあるだろうし
オプション代いれて3万こえるならビスレーで買った方が賢いし安全
もう少し気が利いてくれりゃぁいいのに。。。


20130212IMG_9430.jpg
以上で愚痴は終わりです


これから気持ちわるいオタクの話になります。

去年からハマってるワンピースの二次元キャラで構成された
「夢小説」という危険なジャンルにハマってしまいました
夢小説ってのは、自分とキャラをくっつける小説です
といっても、自分の観念と重なるようなお話はないので
第三者の目として読んでいるんですけど、それでも!ハマる!!!!
興奮を抑えきれず夜な夜な睡眠時間を削って読みふけっていた所
ついに現実と妄想の区別がつかなくなってしまいました。
「宝くじで6億円当たっても、キラーには会えないんだよなぁ」
そう思ってむなしさに襲われたりしてます。
これ、笑い事ではないんです
仕事が全然てにつかないんだぜ・・・・・?
精神病の一種だと思う
確実に心のビョウキです。
自分でもびっくりするくらい、そんな事考えていて
脳みそが仕事の時に全然動かなくなってしまいました
これはマズイと思って、夢小説を読むのを自主規制して
普通の小説を読む事にしました/(^o^)\
20130212_13kaidan.jpg
で、今日読み終わったのは
高野和明「13階段」でごわす。
これ、めちゃ面白かった・・・最後震えた!!!!
ほんとよくこんなん思いつくわ!!!

私の危険な精神状態をオタ友に話した所、
小説を趣味で書いているだけあり色々小説を教えてもらいました。
そのうちの1個がこれです。

今まで小説といえば、20年くらい前にロードス島戦記ぐらいしか読んだ事がないという・・・ww
活字は、古代文明やら地質学とかの怪しい本を読むのが好きだったので
そこまで苦手じゃないんですけどね
文学 とか 小説 とか崇高なジャンルのような気がして、なんとなく・・・・
で、何もわからないままブックオフへ行ってみて最初に買ったのは
村上龍の「限りなく透明に近いブルー」でした
名前を知ってる人の、薄い本(=読みやすいと思っていた)が、これでした
そんな短絡的理由で選んだけどこれが間違っていた。
イミフ!イミフ1!!!!!11!!!
読み終わった後は「これは、意味なんか無いのかな・・・へへへ・・・」そんくらいしか(´д`)
小説というものが起承転結があると信じていた私の考えが見事に打ち砕かれた。
というか、最初の1冊にコレを選んだのは、間違っていたという方が正しいかもw

コレを教訓に、初心者向けのものとして、星新一のショートショートを買ってみたけど
ショートすぎて1日で読み終わってしまった('A`)
面白いんだけど、、、長編がいいなぁということで
んで次はテレビドラマで冒頭だけ見て気になっていた、
東野圭吾の「ブルータスの心臓」を読んでみた。
テレビの冒頭だけで怖くて消してしまったんだけど
その部分まで読み進めてみて、すぐ後に物語のすごいシーンがあって
くっそっっっっっw ってなったww
殺人推理もの?なのかな、まさかー!!?な展開で面白かったどす。
最後は、私の好きな終わり方だった・・・
読後の脳みそが爆発しかけるようなw
テレビドラマでは藤原竜也が主人公だったけど
脳内では松田翔太を主人公にして読んでいました
だってこっちの方が好きだから☆(ゝω・)

そんなわけで明日は火車か
オタ友推薦図書の藤木凛?のを捜してこようと思います。

スポンサーサイト

20130204IMG_9480.jpg
折りたたみ傘を開いておくと必ず猫様が傘に入ってきます
なんでだろう

20130204IMG_9484.jpg
モフィオなんかどこにいるかわかんねーレベルです


20130204IMG_1382.jpg
またもや撮影会に挑んできました
ポーズの指示や構図、アングルなどなど、あまりにも実力不足で
モデルさんの魅力を活かせず;;;
今回は1対1の撮影だったので、他のカメラマンさんの影でこそこそできなくて。

この撮影会に行く前に、ストロボを1台追加で買ってきました。
しかし2灯撮影をするためのスレーブユニット戸の相性が悪くて使えなかった・・・・
なんかしらないけどキャノンのは特に悪いみたいでさ(´д`)
580EX2買えればよかったけどお金もったいないので430EX2にしました
小さな撮影会ならそれで十分らしいしね
スレーブユニットも2種類あって、コード式の奴に使用かなと思っておリンス
あとは来月の撮影会までにカメラバッグを買い直して
ストロボ用の・・・なんていうんだろう、ポール!?も欲しいなぁ。
あとディフューザーも買い直そう。あかん。クソめ。
50mm F1.4レンズ用のNDフィルタとCPLフィルタもげとしたのでかなり散財したぁぁあ

ソレ以外は
暇さえあればワンピースのお絵描きばっかしてます。
楽しいよ・・・二次元のキャラに萌えを叫んでいるのが楽しいよ・・・・
おわってる

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。