欲望の部屋

猫様と奴隷人間そして趣味の撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141130 手作りおぱ

20141130IMG_7241.jpg
ホワイトさんが挟まっている所です
けして挟んだわけではありません
本人はさほど気にしていない様子なのが面白かったのです

20141130IMG_7272.jpg
すっかり冬になってしまい
冬を嫌うがあまり夏が大好きになってしまった私は嘆く毎日です
起きた時、靴下が片方ぬげていただけで布団から出るのが遅くなる。
洗い物が冷たいので嫌になる。
洗い上がった洗濯物が冷たいので干したくない。
風呂が寒い。
頭が乾かない。
何をするにも寒い。
着替えるのも寒い。
顔を洗うのも寒い。
何もしたくない。
何もしたくない………!!!!
外で暮らす猫たちが寒くて震えていると思うと辛い。
だから冬が嫌いです。
冬の寒さは動物の命を奪うもの、としか考えていない。
雪ではしゃいでるやつはその裏で凍死している命がある事を脳内に刻み込んでやりたい
しね!しね!冬め!しねぇえええ!
とか言うことはあまりありませんが
脳内ではこんな感じです
常春の国マリネラに住みたいよ


さて
20141130IMG_3854.jpg
海外のサイトでカップ麺容器で作ったソフトライトリフレクター風のものが良さげだったので作ってみました。
私の撮影スタイルは、ボディにストロボを付ける事はまずないのですが
撮影スタジオにBOOTYが指定され、そこがワイヤレス1灯規制のスタジオなので
ボディにも何か付けておこうと思い、大好きなbeauty Dishのミニサイズを作ってみました
そういうアイテムとして、ガミライト
がみらいと
↑これは持っているんだけど、仕組みはソフトボックスなので、
beauty dish式のものを自作してみたのです。

20141130IMG_3870.jpg
出来上がりましたヽ(゚д゚)ノ
ラ王のカップ麺容器の内側にアルミテープをはり、
表側は黒いマスキングテープ(mt fotoのガムテサイズ)を張り
センターの丸い皿は赤いキツネw
ディフューザーのフタはOHPシートにディフューザっぽい素材の布を両面で張ってフチを起こしてフタ形式に
以上です
20141130IMG_3856.jpg
(製作中、ずっとモフィオに見られていた)
ボディに付けて使う機会が多い人は買った方が断然いいけど
今回限りと思われる1回のために買うのはバカバカしかった
そう、ケチったのです
で、実際の使い心地は?と聞かれるとよくわからなかったのですね(^q^)
ガミライトのでも良かったのかもしれない。
携帯性が悪いったらありゃしないのです。潰れないか心配でした。
20141130IMG_8091.jpg
(DIAVOLIC LOVERS ユイ=まえでぃ  スバル=雫)
そしてあまりボディに付けたストロボは使う事はありませんでした。
これはそのBOOTY本館でbeauty dish1灯で撮ったものです。
一灯制限辛い。

BOOTY本館、ブースの質はいいんだけど狭くて使いにくい。
BOOTY TOKYOに比べるとブース数は半分以下じゃないかな?
色々とTOKYO館の方が勝っていると思うのでした。
しかし機材制限があるのでBOOTYは行きたくないですw

スポンサーサイト

海外よりbeauty dish到着

20141101IMG_3747.jpg
午後になると日光があたらなくなる我が家
日のあたる時間は猫様がおります
これは旦那から送られてきた写真
おそらく黒様が跡からやってきたと思うのですが可愛くてたまんねーっす
猫様のホットカーペットを設置してからこのような事は起きなくなりました(´д`)

20141101IMG_7183.jpg
ホワイト様はなぜかこの薄汚い黄色いクッションがお気に入りです

20141101IMG_7182.jpg
見てんじゃネェよこのブタガァァ!!!



さて、Aliexpressで注文していたBeuty Dishが届きました!
20141101IMG_3774.jpg
あれ!速いね!!!どうしたの!ってくらい早く着きました。

20141101IMG_3777.jpg
この黒くて半ドーム状のリフレクター部分
BEAUTY DISH、日本ではオパライトと呼ばれている機材です
日本ではあまり人気がないのですが海外ではかなりポピュラーな機材らしいっす
海外のファッションフォトのライティングに興味を持ったので
まずは入門編として組み立て式の安いものを買ってみました。
sp-op1-2.jpg
こんなやつ。5400円。
普通に買うと1万円以上するのでこの程度ならと思うやないですか。
これ、海外で17$で売ってたんですヽ(´A`)ノ
しかもリフレクターが真っ白なので表は黒、中は銀色に塗装して使ってました。
それでも光の具合が気に入ったのと、ブームに付ける設計になっていなかったので
買い直ししようと、今回2代目Beauty Dishを買いました

20141101UL8E0_FXexcXXagOFbXR.jpg
組み立て式がストロボへの負荷が強かったのと、
モノブロックでも使えるタイプにしようと探し出したら全然数がない(。´Д⊂)
Amazonにこのタイプのブラケットが無い
ebayならいっぱいあるな〜
ん〜?BOWENSマウント?
CX系は無いのか…CX無いな・・・
BOWENS←→CXの変換アダプタがあるのか…
eBayだと…ふむ…2000円ちょいか…これにするか…
よっしゃ買うか…
ん?なんだこの画像は…
え、これ使えるならコッチが欲しいわ
AliExpress? よくわからんサイトにしかないな
楽天・日米Amazon・ebayにも無い!!!!!
ふむ…アリババ系列ね…つかなんでココにしかないのさ…
くやしい…ポチ
といういきさつがありました。
412nGTxQhLSY300.jpg
我が家にはこのS型のスピードライトのブラケットが3つもあり
これがBOWENSマウントに対応しているという…
じゃぁBOWENSマウントのお皿だけあるとイイヨネ?ということで辿り着いたのがAliExpressでした
ネットで利用している人たちの情報を集めて、信用のあるお店であれば大丈夫だろう、と。
とりあえず初めての注文は上手くいきました。
多分。
というのも、送料無料のCHINA POSTを指定したのに早く着いたのです。
CHINA POSTだと2週間〜1ヶ月って書いてあったのに
1週間で着いたのでまさか勝手にEMSに変えられたのか?と思いきや
システム上はそのような形跡も無く・・・・
英語サイトなので見落としてる可能性はあるけど、ちとよくわからんので
カードの引き落としに注意したいと思います。
ちょうど明日の撮影で使える!と思うと
有料のEMS追加費用の30$もまぁいっかーなんて思ってしまうけど(´Α`)


20141101IMG_3782.jpg
ついでにブームユニットも届きました。
初代ブームは使ってすぐに壊れた。
先端がオスダボになってて鉄パイプ部分に片側からしか留められてなくて
すぐにグラグラしだして…ホンマクソ
今度は先端はメスで両サイドから留めてあるし
重りをかけるフックも一体型なのでだいぶスマートになりました
これでAmazon価格7500円。
プロが使う機材はもっとしっかりしていて高いけど素人なのでこんなもんで。。
すぐに壊れたのは本体4000円+先端の変換ダボ2000円でそんな差がなかった
カメラも機材も素人の独学で教えてくれる人、頼れる人がいないので
失敗が多くて勉強代がかかってしかたない('A`)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。